身体を大切にすることで得るもの〜家族との時間〜

子供の頭をチェックしている医者

糖尿病の治療

聴診器をかけた医師

胃がんの気になる点があれば相談してみましょう。最近では治療技術も進化し、負担を減らして治療に取り組むことが出来るのです。

足にある血管に血が溜まってしまい膨らむ病菌なるのが、下肢静脈瘤で名医に治療してもらいたいなら、こちらでクリニックの情報を得ましょう。

薬の服用と食生活の改善がポイント

糖尿病には、1型糖尿病と2型糖尿病があります。生まれつきインスリンが働かなくてインスリンを補給する必要がある1型の糖尿病よりも、生活習慣や遺伝で発症する2型糖尿病の方が圧倒的に多くなっています。 糖尿病は一度発症してしまうと、治らない病気と言われています。血糖値が高いのが気になったら、予備軍になるかもしれないので、発症する前に食事や運動を心がけることが大切です。発症してしまっても、正しく薬を服用し、食事、運動に気をつけていれば普通の人と同じような生活が送れます。 発症してしまったら、これをいい機会として糖質を制限した健康的な食事に切り替えましょう。糖質制限食は、美容健康にもいいものとして注目されているので、患者本人だけでなく、家族にとってもいい食事なのです。 糖質オフの食品などを利用してみてもいいでしょう。

インスリン注射や薬を服用するときは低血糖に注意

血糖値がなかなとか下がらず、薬だけの治療では難しいと判断された場合は、インスリンの注射がすすめられます。 注射の量は、人によって違うので、正しい量を食事のときに打つようにします。 インスリンは多く打ち過ぎると、低血糖をまねく心配があるので、十分に注意します。薬を服用している人も低血糖に気をつけましょう。 低血糖予防のために、医師から低血糖になったときの対策を説明されるでしょう。低血糖の時はブドウ糖を補給いします。 病院でブドウ糖を出してくれることもありますが、ブドウ糖はスーパーでも売っていることがあります。 固形のものや、粉状のものがあります。自分の好みで選ぶとよいでしょう。 糖尿病の人には糖尿病手帳が渡されます。万が一のときのためにバッグに入れて持ち歩いているといいでしょう。